リリース更新 KB0407597
電子メール
Invoice Header Data Extraction (請求書ヘッダーのデータ抽出) API の機能強化による状況更新日付のクエリのサポート
機能 ID

NP-28133

Feature Description

Previously, there was no option for API consumers to extract invoice header data based on the date an invoice was updated. All invoice header data extraction was based on the date on which the invoice was created. Therefore, they were unable to check the status changes of invoices, and perform business tasks accordingly.

Now, Ariba Network allows SAP Ariba API portal consumers who have access to the Invoice Header Data Extraction API, to query invoice header data based on the date the invoice was updated. The Invoice Header Data Extraction API is enhanced with an optional filter for querying invoices using a date range based on the date an invoice was updated. For example:

GET {{runtime_url}}/invoices?$filter=startDate eq '2021-02-02T00:01:01' and endDate eq '2021-02-02T23:59:58'&$filter=documentStatusUpdatedStartDate eq '2021-02-02T00:01:01' and documentStatusUpdatedEndDate eq '2021-02-02T00:01:01'&$skip=0&$top=100

Customer Problem

Currently there is no option for API consumers to extract invoice header data based on the date an invoice was updated. All invoice header data extraction is based on the date on which the invoice was created. Therefore, they are unable to check the status changes of invoices and act on that information.

Customer Value Proposition

The enhancement to the Invoice Header Data Extraction API now allows the customer to use invoice status updates via invoice update date queries to drive business flows, increasing the scope of business functionality this API supports.

Audience

Buyer and Supplier

What's New Guide

https://help.sap.com/docs/SAP_Ariba/978b7e36451a4c2c85321a3ef6f3a7e5/6bf06b36810544aebc7fc758f2691b3d.html?locale=en-US&state=PRODUCTION&version=cloud

Feature Enablement

Automatically On

このナレッジベース記事は、お客様の利便性のために機械翻訳されています。SAP は、この機械翻訳の正確性または完全性に関して、いかなる保証も行うものではありません。言語選択で英語に切り替えると、元のコンテンツを確認できます。
適用可能なソリューション

SAP Ariba API

SAP Ariba Developer Portal

Ariba Network

前提条件

この機能に関連する SAP Ariba API を使用するためにアプリケーションを作成してアクセス権を依頼するには、SAP Ariba Developer Portal へのアクセス権が必要です。詳細については、 SAP Ariba Developer Portal のヘルプで「SAP Ariba APIs の使用を開始する手順」を参照してください。

この API に対して行われるすべてのクエリは、OAuth 認証を使用して認証される必要があります。詳細については、 SAP Ariba Developer Portal のヘルプで「Developer Portal 認証」を参照してください。

Ariba Network で API クライアント ID を設定する必要があります。

制限

SAP Ariba Developer Portal を使用しているサプライヤに対する SAP Ariba API の使用は、エンタープライズアカウントを持つ Ariba Network サプライヤのみに制限されています。

SAP Ariba Developer Portal へのアクセスは、その他のすべての Ariba Network サプライヤアカウントの種類に対して制限されています。たとえば、スタンダードアカウントのサプライヤは、SAP Ariba Developer Portal にアクセスできません。


該当項目

Ariba Network 2108

利用規約  |  Copyright  |  セキュリティに関する情報  |  情報の保護